私が『楽rakutoi問』をはじめたわけ

 

何でできないの? 何で自分ばかり? 何でわかってくれないの?私

自分に対して 子どもに対して 家族に対して 他者に 社会に・・・・・

ついつい自他を責める日々から解放したい

自分の正義や善を表に出すことが他者を責める言動になっていることがある

あえて責めているわけでもなくよりそっているつもりが

その言葉の奥に責める気持ちがかくれていることに気づいたとき

こんな気持ちから解放されたいと思った

自分も他者も責めたくないと思った

自分を正当化するために他者の不当性をさがす

なんだか自分を責めたくなった

そんな時 問いかけることの大切さ 自分らしくいることの大切さ

そして 言葉の大切さを学んだ

プラスの言葉での問いかけ 自分が楽しいと思える方法

無理に自分を変えるより 楽しみながら変われたら

形を変える雲を眺めるように

 その時々の感情を眺めるように

変化していく自分を楽しみたい

そんな思いではじめました

 

楽rakutoi問は

自分で答えを見つけていく学びの場です

学び合いの場です